東京で婚活おけば良かった

post on 4月 12th, 2014
Posted in 未分類

しかし、結婚したいというのに「婚活」はやりたくないという人もいます。
これってどうなの、と思いましたが、よく話を聞いてみると単純にプライド云々ということだけでなくて、いろいろな感情がからまってそういう発言になっている人もいるようですね。
私の会社の先輩にもそういう人がいました。
年齢は30代になったばかり。
わりと美人で性格も悪くない人です。
結婚は、と聞くと「したいに決まっているでしょ。
いつだって相手を探しているわよ。
あんた、誰か知らない?」と何の屈託もなくきいてくる人です。
こういう話をさらりとするあたり、さすがに世慣れている感じがします。
それに紹介してって頼むのは、女性だけじゃないんですよ。
男性にも上司にも後輩にも全員にそう言っています。

東京で婚活している友人は、東京で婚活!パーティー、バー、イベント、カフェ…おすすめは?でイベントなどを探していると言っていました。
あんまり誰彼なしに言うものだから、本当は結婚するつもりがないんじゃないの、とまで言われていました。
そのへんは、本人の気持ち次第でしょうが、本音の部分は誰にもいっていない気がしましたね。
そういえば、先輩にはもうひとつ、ついて回るアダ名がありました。
「ケチ」です。
いや、ホントにケチなんですよ。
しみったれたところがあるわけじゃないので、ケチというよりも節約家だったんですね。

有名な福岡の婚活

post on 3月 30th, 2014
Posted in 未分類

ぜひ男性の立場になってみてほしい。
費用対効果が不透明なものに、お金も時間もつぎ込むような女性に魅力は感じない。
たとえ資格等が役に立ったとしても、経歴だけがサイボーグ化していく女性は可愛げがあるのか?ないでしょ!本来の目的を外れて、結局、趣味に走っているなら、それは趣味!!過去のおのれの間違いを目の当たりにして、恥ずかしいやら悲しいやら。
何かをしようとすることは素晴らしいことだと思うけれど、せっかくなんだから、その努力が報われるようにきちんと努力したらいいと思います。
まずは、どんな家庭を築きたいのかを明確にしてほしいと思います。

福岡で婚活している人の間で有名な情報サイトがhttp://www.fukuokanokonkatsu.com/ですね。
どんな夫と、自分は何をして、子どもは何人で、親や親戚とはどんな関係でいながら、どんな暮らしをするか。
これをまずはっきりさせた方がいい。
そして重要なのは、それは夢か目標かという見極めです。
ずばり言うと「私のような女性が、そんな生活を送れるのか」という質問を自分自身にするということです。
私は自分自身にこの質問をして、ある答えを出しました。
とにかく私は気難しいから、穏やかな性格で一緒にいて楽な人とじゃなきゃ、結婚できない。
相手も私も、きっと幸せになれない。

バツイチ婚活は恥ずかしいの?

post on 3月 11th, 2014
Posted in 未分類

あんなにおとなしくてほとんど話してくれなかった男性ですが、実はわたしのことに好意を持っていて一生懸命自分の思いを伝えてくれたことに感謝しています。
ほかにもいろんな人とデートをしました。
いろんな人とデートをする度にどんどん自分の理想の結婚相手に出会えるような気がしていました。
だんだん近づいているような気持ちになったのです。
もちろんデートした男性たちみんなが魅力的だったかといえばそうでもありません。
なんか、結婚相手とは違うなと感じたから、その中の人たちとは結婚には至らなかったのです。
しかし、いろんな人とデートすることはすごく意義深いことでした。

バツイチ婚活、再婚が出来るサイト@パーティに出ても無駄なだけを読めばバツイチ婚活の事がわかります。
全然しゃべらない男性の心をどうやって開いてあげたらいいか考えることができましたし、自分はこう思っているけど意外と相手はこう思っているんだということが分かってきたり、と男性の心理を勉強する機会にもなりました。
いろんな話をして、お互いの価値観を分かちあうことにより、自分の人生に深みが出ることもありました。
それらの経験を糧にわたしはその後、お見合いパーティーに行くことになるのですが、一度にたくさんの人と出会えるお見合いパーティーはとても効率的な婚活だと感じました。

ずっと山形で婚活してみたかった

post on 2月 21st, 2014
Posted in 未分類

すると、彼女は、小さな声で、「私、特に勉強はしていないんですけど、帰国子女なので・・・」と、気まずそうな顔をしながら囁きました。
あの時はもう、顔から火が出るほど恥ずかしかったです。
そして、つい最近もやってしまいました。
男友達数人で婚活バーに行った時、同年代の女性グループと仲良くなったのです。
それなりに会話は弾んだような気がするのですが、彼女たちは、バーを出たあと、そのまま帰るようなことを言い出しました。
そこで、どうにかもう一軒付き合ってもらえないか?と思い、僕達は、彼女達をカラオケに誘ったのです。

私が山形で婚活を始めたきっかけになったサイトは山形の婚活、合コン、お見合いパーティの知っておきたい真実です。
まぁ、その場のノリで、彼女達もついてきてくれたのですが、部屋に入ると、どういうわけか、誰も歌おうとしないのです。
なんだよ?ここは男が盛り上げないとダメだろう?と思った僕は、もともとカラオケは得意ではないのですが、自分が一肌脱ぐつもりで、一曲歌いました。
いやー、でもそれが、なんか緊張しちゃって・・・ちょっといいなぁと思っていた女の子がいたので、気持ちが空回りして、つい声が裏返ったり、音程があやうくなったりしてしまったのです。

静岡の婚活で気をつけた方が良い事

post on 2月 19th, 2014
Posted in 未分類

というわけで、私の婚活はある意味、難行しているのかもしれませんね。
小悪魔イケメンくんに翻弄され、いい人だけどつかみどころのないいい人さんの扱いに困る。
という状況です。
ところで、たまに参加している街コンや合コン。
経験上、おとなしキャラを装うことにしています。
前述のとおり、自他共に認める私はきつい女。
男性がしょうもないことを言うと、すぐに言い返したりするのは当たり前。
というか朝飯前。
街コンや合コンでも、しょうもない男にたくさんでくわすわけですよ。
最初のうちはついつい、言い返していましたが、さすがにそれじゃまずいなと学習したわけですよ。
なので、ほんとは活発な印象をもたれる私ですが、逆をねらって「おとなしいんですね」と言われるくらいを装っています。
だって、その方が婚活ではモテるから。
だまってると美人だよねって。
それを言われるたびにうるせえよと内心毒ついていたのですが、婚活ではそのアドバイスを採用することにしましたよ。
でも、正直うずうずしています。
だまってるのはほんとに辛いです。
だまってては、進んでいかない今の仕事、私にあってるわ~。

私が東京で婚活し始めたら

post on 2月 16th, 2014
Posted in 未分類

私はその男性と結婚をしなくて良かったと本当に思っています。
さて、結婚をする際の不安の話に戻りますが相手を嫌いになってしまったら大変、といった不安の他には相手の金銭的事情への不安もありました。
私はお金がとても大切です。
お金と健康以外はぶっちゃけどうでもいいと思っています。
そんな私ですので貯金に励んでおりそれなりの金額の貯金があります。
結婚をする際に、相手が結婚式を望んだ場合に私の貯金金額から結婚式代金を出すのは嫌であると私は激しく思っています。
相手が結婚式という無駄な事にお金を出すのも喜ばしくはありません。
お金、というのは将来のために貯金をしておくためにあるものだと思っているのです。
だから結婚相手には結婚式やお祝いは一切しない、という相手を希望しています。
お金の問題は結婚式についての問題をクリアした後もずっと続きます。
もし結婚相手がギャンブル好きだったらどうしよう、もし結婚相手の両親が大金が必要な病気だったらどうしよう、もし結婚相手が無職となってしまったらどうしよう、などなどといった杞憂が付きまとっています。

石川県の結婚相談所について

post on 2月 12th, 2014
Posted in 未分類

ワンピースにジャケットならば少し大人な感じでシッカリしてなおかつ清楚さも出せます。
あとは、アクセサリーなどで自分らしさを演出すればOK!次に髪型は、ゆるふわな感じにするか、少しまとめて下す感じかを服の色などのイメージで決めています。
次に会場に向かいますがここでもポイント!必ず早めに到着すること。
ココで、ポイント。
待たされている時や受付の時にどんな様子かをチェックします。
一番その人が素のカンジな時ですね。

隣の人と話をしながら待っているのか。
お先にどうぞ!とレディファーストしてくれるとか・・・・何気ない、その方の事が分かったりします。
どうしても、インスピレーションの1分間の話しではわからない事だらけですもんね。
パーティーが始まる前からしっかりと見ておくことが肝心です。
パーティーがはじまったら流れに沿って楽しみますが、肝心なのはフリータイム。
ここで、女性から見てポイントが高い男性は・・・・。
積極的に女性から話すこともありますが、ほとんど女性は話したくても話しかけられない・・・というより。

まだペアーズしてないの?

post on 2月 9th, 2014
Posted in 未分類

他はどうでもいいんだ。
僕はマザコンなの。
おふくろが一番、大切」これには驚いた。
自分からマザコンと言い切った勇気は大したものだし、親を大切にする気持ちは素晴らしい。
だが、嫁の条件がお母さまの面倒をみることであって、他はどうでもいいと言われたら、いくら30代中盤オンナでも「ごめんなさい」である。
一寸の虫にも五分の魂なのだ。

ペアーズで恋活したいならpairs(ペアーズ)、Facebookアプリの使い方、評判というサイトを見ると良いですよ。
後日、間に入ってくれたヘアメイクさんにコトの経緯を報告したら、しごく憤慨しておられた。
「そんなことなら、アナタに紹介しなかったのに」と。
婚活で私が得た教訓は、事前リサーチの重要性である。
出逢いパーティは出席者の傾向を調べてから申し込むこと。
お見合いは、先方の結婚に対する定義を教えてもらってから、会うか会わないかを決めること。
婚活のスペシャリストからしたら、当然のことだろうが、そっち方面は経験値が薄かったため、痛い想いをたくさんしてきた。
そして、婚活は今でも続いている。
最近やたらと聞くようになった言葉、「婚活」。
イメージでいうと、男性なら40代くらい、女性なら30代半ば以上のいわゆる「行き遅れ」と言われる人たちが、必要に迫られてするもの…と、思ってる方も多いのではないでしょうか。

今後の鹿児島の婚活は

post on 2月 8th, 2014
Posted in 未分類

僕は結婚を前提にお付き合いをしているつもりです。
僕は両親が他界をしているのですが、彼女も現在は身寄りが無い状態とのことであり、普通なら悲しんでしまう境遇ですが、その境遇がなんだかとても身軽に思え、親の同意無しで結婚ができるのでとても気が軽く、いつでも気まぐれで婚姻届が出せるね、と二人で言っています。
浪費妻は嫌だな、と思っていた自分ですがこの女性は浪費どころか、金融関係の仕事に就いているだけあってとてもお金に厳しく、自分ではケチだと思っていた僕に対して無駄遣いの指摘をしてくるので、僕以上の節約家が居たとは、と、とても頼もしく思っています。
彼女はお金が無駄だし、お互い親族も居ないのであれば結婚式に呼ぶ人物もいない、と結婚式は挙げないのを希望しているのですが、僕もそれには大賛成です。
女性は主役のヒロインになりたくて、思い切り花やレースで着飾り、まるで御伽噺に出てくるかのようなセレブっぽい豪華な結婚式を挙げたい生き物である、といった僕の概念を覆す、とてもスタイリッシュで無駄が無く冷淡で冷静な女性です。
婚活も長く続いていると、息切れすることもあります。

沖縄の婚活で学んだ教訓

post on 2月 6th, 2014
Posted in 未分類

また、独身OLの数が残り少なくなったなあと思い知らされました。
おめでたいことなのですが、残された方はあせりますよね。
30歳までに相手をみつけるぞという目標めざしてがんばろうっと。
ところで、婚活の方法にもいろいろある中、なぜ私はお見合いパーティーを選んだかと言うと、実は、私は結構せっかちだからです。
相手のことは実際に会って判断したいタイプなので。

婚活サイトに登録することも検討しましたが、メールのやりとりをして、待ち合わせ場所を決めて会うという行程が私には面倒に感じてしまったのですよね。
ならば、てっとりばやく、一晩で、一か所でたくさんの人と実際にあえるお見合いパーティーに参加するほうが私向きかなっと。
もちろん、メールのやりとりという順序をふんで会うという行程の方が合うという人もいるとは思いますが、私の場合は、写真と実物が違うとか思われるのもうざったくて。
なら、最初から本物を見て判断してほしいと言う感じです。
というのも、婚活を始めるまえから、写真移りが実際と違うと言われることはよくありまして。
それって不利だと思うんです。